「クリムゾン・キングダム」SRカードの評価と考察

Pocket

2017/6/13に新パック「クリムゾン・キングダム」が追加されました。「クリムゾン・キングダム」収録のスーパーレアカードの評価と考察をしていきます。


スポンサーリンク


カード評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー

「破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー」(4)

攻撃力2600の最上級モンスターで、場・墓地で「バスター・ブレイダー」となるルール効果と、相手の場で破壊されたモンスターを装備する効果、装備したモンスターを墓地へ送り、それと同じ種族の相手の場のモンスターを全て破壊する効果を持ちます。

手札やデッキでは「バスター・ブレイダー」として扱わないため、「竜破壊の証」でサーチできません。レベル7なので、スキル「三星降格」とは相性が良いです。

装備したモンスターを墓地へ送り、そのカードと同種族の相手モンスターを破壊する効果は、このカードの効果で装備したモンスターでなくてもコストにして発動できます。種族統一デッキ相手なら使う機会があるかもしれませんが、使いづらい効果です。

 

 

神聖魔導王 エンディミオン

「神聖魔導王 エンディミオン」(8)

攻撃力2700の最上級モンスターで、自分の場の「魔法都市エンディミオン」に乗っている魔力カウンターを6つ取り除き、特殊召喚することもできます。この方法で特殊召喚すると自分の墓地の魔法カード1枚をサルベージできます。1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てることで場のカード1枚を破壊できます。

自身を特殊召喚する効果はチェーンブロックを作らないので、「天罰」等で無効にされず、「王者の看破」で特殊召喚を無効にされます。

普通にアドバンス召喚することもできます。コストとして魔法カードが必要なのでむやみに除去効果を発動できませんが、モンスター、魔法・罠問わず場のカード1枚を破壊できるので強力です。

レベル7で除去効果を持つのでスキル「三星降格」との相性は抜群です。打点も「リボルバー・ドラゴン」を上回るので、採用する価値はあります。

自身の特殊召喚を狙う場合は、後述の「魔法都市エンディミオン」が必須になります。「魔法都市エンディミオン」に魔力カウンターが乗るスピードは早く、場持ちも良いので専用デッキを組めばなかなかの頻度で特殊召喚できるでしょう。墓地からの特殊召喚もできるので便利です。自身の効果で特殊召喚すると魔法カードをサルベージする強力な効果を持つため、これを狙う価値は十分にあります。ただし、魔力カウンターを溜めやすいカードがまだあまり無いのが惜しいところです。「魔力掌握」などのサポートカードがプレイヤーに実装されれば、より強力になる可能性があります。→「魔力掌握」が登場したので、かなり狙いやすくなりました。

 

真紅眼の不死竜

「真紅眼の不死竜」(8)

攻撃力2400の最上級モンスターで、アンデット族モンスター1体をリリースして攻撃表示でアドバンス召喚できる効果と、戦闘破壊し墓地へ送ったアンデット族モンスターを自分の場に蘇生させる効果を持ちます。

「レッドアイズ」モンスターの1体であり、「レッドアイズ・スピリッツ」や同パック収録の「真紅目の飛竜」「紅玉の宝札」などのサポートカードを使用できます。ステータスは「真紅目の黒竜」と同じなので、デッキ構成によって使い分けると良いでしょう。4枚目以降の「真紅目の黒竜」としても使えます。

また、アンデット族モンスターなので、同パック収録の「牛頭鬼」で墓地に落としたり、手札から特殊召喚できます。

アンデット族モンスターはまだ数が少なく、効果を活かせる機会はあまりありません。今後に期待しましょう。一応「死のマジック・ボックス」でアンデット族モンスターを送りつけ戦闘破壊すれば、効果を活かせます。
「レッドアイズ・インサイト」の登場で、非常に強力なカードとなりました。

 

 

怨念の魂 業火

「怨念の魂 業火」(6.5)

攻撃力2200の上級アンデット族モンスターで、自分の場に炎属性モンスターが存在すると特殊召喚でき、その場合、自分の場の炎属性モンスター1体を破壊します。自分スタンバイフェイズ時に弱小炎属性トークン1体を守備表示で特殊召喚する効果と、このカード以外の自分の場の炎属性モンスター1体をリリースし、エンドフェイズまで攻撃力が500上がる効果を持ちます。

アンデット族モンスターなので、同パック収録の「牛頭鬼」で墓地に落としたり、手札から特殊召喚できます。

特殊召喚した場合はアドバンス召喚と同じディスアドバンテージが発生します。炎属性モンスターを破壊する効果は対象を取る効果なので、対象のモンスターを「突撃指令」などのコストにすれば、損失を抑えられます。また、効果で破壊するので、「キックバック」など効果による破壊をトリガーとするカードとシナジーがあります。

トークンを生成する効果を持ち、その用途に制限がありません。毎ターン、トークンをリリースして攻撃力を上げれば、自分のターンのみ攻撃力2700のモンスターとして扱えます。

攻撃力を上げる効果はターン制限がないので、リリース要員を確保すれば1ターンに何度でも発動できます。


ダーク・ジェネラル フリード

「ダーク・ジェネラル フリード」(6)

特殊召喚できない攻撃力2300の上級モンスターです。自分の場の闇属性モンスターを対象とする魔法カードの効果を無効にし破壊する効果と、通常のドローの代わりに闇属性レベル4モンスター1体を手札に加える効果を持ちます。

対象を取る魔法カードに耐性があるので、「クロス・ソウル」「エネミー・コントローラー」「ビッグバン・シュート」などに強いです。自分のカードも対象なので、装備カードで強化することはできません。また、「突撃指令」は除去するモンスターは対象を取らないので、このカードでは防げません。後述の「無敗将軍 フリード」と違い、他の自分の闇属性モンスターにも耐性を付与します。

通常のドローの代わりに闇属性レベル4モンスターを手札に加えることができます。このカードと特に相性の良いカードはまだありませんが、状況に応じてモンスターをサーチしたり、通常のドローをすることもできます。「フライング寄生」相手では、デッキトップに「寄生虫パラサイト」がいる時に効果を発動すれば、「寄生虫パラサイト」をドローせずに済みます。効果の発動タイミングが自分のドローフェイズなので、遅いのが欠点です。

 

 

無敗将軍 フリード

「無敗将軍 フリード」(6)

攻撃力2300の上級モンスターです。このカードを対象とする魔法カードの効果を無効にし破壊する効果と、通常のドローの代わりに戦士族レベル4以下のモンスター1体を手札に加える効果を持ちます。

対象を取る魔法カードに耐性があるので、「クロス・ソウル」「エネミー・コントローラー」「ビッグバン・シュート」などに強いです。自分のカードも対象なので、装備カードで強化することはできません。また、「突撃指令」は除去するモンスターは対象を取らないので、このカードでは防げません。

通常のドローの代わりに戦士族レベル4以下のモンスターを手札に加えることができます。状況に応じてモンスターをサーチしたり、通常のドローをすることもできます。「フライング寄生」相手では、デッキトップに「寄生虫パラサイト」がいる時に効果を発動すれば、「寄生虫パラサイト」をドローせずに済みます。効果の発動タイミングが自分のドローフェイズなので、遅いのが欠点です。

後述の「蛮族の狂宴LV5」で特殊召喚できます。

 

スピッド・バード

「スピッド・バード」(5)

攻撃力1200の下級モンスターで、戦闘破壊され墓地へ送られると、レベル2モンスター2体を効果を無効にして特殊召喚する効果を持ちます。

墓地で発動する効果は無効にならないので、「素早いムササビ」「ゴキポン」「レッカーパンダ」などは蘇生する価値があります。

蘇生したモンスターは、単純にリリース素材としても使えます。

専用寄りのデッキ構築にする必要があり、墓地にレベル2モンスターが最低2体必要なので使いにくいですが、効果自体は優秀です。

 

 

蛮族の狂宴LV5

「蛮族の狂宴LV5」(7)

通常魔法で、手札・墓地からレベル5戦士族モンスターを2体まで効果を無効にして特殊召喚します。そのモンスターはこのターン、攻撃できません。

特殊召喚するモンスターは上記の「無敗将軍 フリード」や、同パック収録の「天魔大帝」が有力でしょうか。

このカードを活かすなら必然的に上級モンスターを複数採用しなければいけないので、「クロス・ソウル」や「アマリリース」などの上級サポートは必須でしょう。

手札からも特殊召喚できるので、見た目よりは事故を起こしにくいです。

対象となるモンスターは少ないですが、貴重な特殊召喚する効果を持つので、悪くありません。

また、従者ユニアタデッキにおいて、このカードで「天魔大帝」2体を蘇生させ、「ユニオン・アタック」2枚を発動させれば「墓守の従者」の攻撃力が10300となるので、採用する価値があります。

 

魔法都市エンディミオン

「魔法都市エンディミオン」(5)

フィールド魔法で、魔法カードが発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く効果、 破壊されたカードに乗っていた魔力カウンターをこのカードに置く効果、1ターンに1度、他のカードの魔力カウンターコストをこのカードから取り除ける効果、このカードが破壊される場合、代わりに自身の魔力カウンター1つを取り除ける効果を持ちます。

魔力カウンターを扱うカードを強力にサポートします。「神聖魔導王 エンディミオン」を特殊召喚する場合に必要なカードでもあります。

このカードを使用するなら、現在のカードプールでは「神聖魔導王 エンディミオン」と組み合わせる他ないでしょう。

ちなみに、他のカードとこのカード両方から魔力カウンターを取り除くことはできません。また、単体では機能しない点には注意が必要です。

 

神剣-フェニックスブレード

「神剣-フェニックスブレード」(6)

戦士族専用の装備魔法で、攻撃力を300上げます。また、自分の墓地の戦士族モンスター2体を除外することで、自身を墓地から手札に加えることができます。

装備魔法なので、「名工―虎鉄」でサーチできます。

このカードの真価は回収効果にあります。戦士族モンスターを大量に採用する必要がありますが、このカードを手札コストや「嵐」の巻き添えにし、自身の効果で回収することで、ディスアドバンテージを軽減できます。「魔導雑貨商人」や「漆黒のトバリ」で墓地を肥やすのも良いでしょう。

 

戦士の生還

「戦士の生還」(7.5)

通常魔法で、自分の墓地の戦士族モンスター1体をサルベージできます。

シンプルな効果で、戦士族モンスターなら何でもサルベージできるので、汎用性が高いです。

現在でも戦士族モンスターは「紅蓮魔闘士」「アマゾネスの賢者」「正義の味方 カイバーマン」「ドリームピエロ」「魔導ギガサイバー」など、粒揃いです。

今後、強力な戦士族モンスターが増えれば、更に強力になります。確保しておきたい1枚です。

 

鼓舞

「鼓舞」(5)

自分の場の表側モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで700アップする通常罠です。

「援軍」と上昇値が200しか変わらず、相手モンスターを倒せる範囲にあまり変わりはありません。グラディウスデッキなら、基本攻撃力が1200なので、この上昇値の差は大きいかもしれません。

自分モンスターしか強化できないので、相手モンスターを強化して「邪精トークン」の攻撃力を上げたり、受ける戦闘ダメージを増やして一部スキルのトリガーにするといった運用ができません。

 

「神聖魔導王 エンディミオン」は「三星降格」デッキで採用されるか注目です。次回は同パックのレア、ノーマルの注目カードをまとめたいと思います、それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です