「クリムゾン・キングダム」R,N注目カードの評価と考察

Pocket

2017/6/13に新パック「クリムゾン・キングダム」が追加されました。「クリムゾン・キングダム」収録のレアカード、ノーマルカードの中から注目カードをピックアップし、評価と考察をしていきます。


スポンサーリンク


カード評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

魔法の操り人形

「魔法の操り人形」(7)

魔法カードが発動される度に、自身に魔力カウンターを1つ置く効果、自身に乗っている魔力カウンター1つにつき攻撃力が200上がる効果、自身に乗っている魔力カウンターを2つ取り除くことで場のモンスター1体を破壊する効果を持ちます。

攻撃力2000の魔法使い族モンスターなので、「魔道化 リジョン」「マジシャンズ・サークル」に対応します。特に「魔道化 リジョン」は強力なカードで、ここから展開できるのは大きいです。状況に応じて「カオス・マジシャン」と使い分けるのも良いでしょう。

魔法カードを2枚発動すればモンスター1体破壊できるので、なかなか強力なモンスターです。「魔力掌握」なら1枚でモンスター破壊が行えます。

 

 

大くしゃみのカバザウルス

「大くしゃみのカバザウルス」(6)

ダイナソー竜崎のスキル「恐竜王国」でステータスが2000/1800になる、恐竜族の新戦力です。ノーマルなので手に入れやすく、始めたばかりの人にもおすすめです。

 

魔装機関車 デコイチ

「魔装機関車 デコイチ」(6.5)

リバース効果で1ドローできるモンスターの中ではステータスが高く、優秀です。機械族なので、「7カード」などの機械族サポートを受けられます。

「魔貨物車両 ボコイチ」が存在する場合、追加ドローできますが、「魔貨物車両 ボコイチ」は弱小モンスターなので、狙う価値はありません。

 

言語道断侍

「言語道断侍」(6.5)

発動タイミングは特に指定されていない起動効果なので、自分が魔法・罠を発動した後に効果を発動できます。

ステータスが低いため、対人戦では使いにくいですが、イベントのレジェンド戦などで詰めの段階に使えそうです。「炸裂装甲」などの厄介な魔法・罠を封じることができます。

 

紅玉の宝札

「紅玉の宝札」(7)

レベル7の「レッドアイズ」モンスターは現在「真紅目の黒竜」「真紅目の不死竜」の2体です。これらのモンスターは墓地にいた方が都合が良い場合が多く、手札交換しつつ墓地肥やしができるこのカードは強力です。

追加でデッキからもレベル7の「レッドアイズ」モンスターを墓地へ送れるので、多少事故率も下げます。

ただし、このカード単体では機能しないため、一概に事故率が減るとは言い切れません。

プレゼント交換

「プレゼント交換」(3)

1枚のディスアドバンテージとなるので、対人戦ではほぼ使えません。

レジェンドなどのCPU戦で、このカードで「スライム増殖炉」を送り付ければ、その次のメインフェイズの行動の最後辺りに、CPUは「スライム増殖炉」を発動してくるので、「サプライズスライム」と同じように相手をロックできます。

「サプライズスライム」デッキを更に安定させ、又は好きなスキルを使いつつスライムロックが行える注目のカードです。今後「スライム増殖炉」に対するAIの挙動が変わる予兆かもしれません…

(2017/7/13追記)
2017年7月上旬のアップデート以降、AIの挙動が修正され、相手に「スライム増殖炉」を送り付けても発動しなくなってしまいました。そのため、現在このような使い方はできなくなっています。アップデートをまだしていない方はアップデートまで上記の運用ができます。

 

神の摂理

「神の摂理」(8.5)

レアとは思えない性能のカードです。モンスターは手札にいることが多く、状況によって魔法・罠にも対応できるため、「天罰」より使いやすい印象です。ただし、同じ種類のカードをコストに要求されるので、肝心な時に発動できない場合があります。

また、基本的に2:1交換となり、カードアドバンテージの面で損をするので、マストカウンターの見極めが必要です。

ちなみに「フライング寄生」デッキが相手の時、ドローした「寄生虫パラサイト」の効果にこのカードをチェーンすることで、「寄生虫パラサイト」を手札コストにしつつダメージをかわすことができます。

 

威風堂々

「威風堂々」(7)

発動タイミングが限定されていますが、ノーコストでモンスター効果を無効にできます。「クリボール」「死の4つ星てんとう虫」が仮想敵でしょうか。

「クリボール」をノーコストで無効にできるため、イベントのレジェンド戦でも使えそうです。

 

 

マグネット・フォース

「マグネット・フォース」(7)

機械族・岩石族専用で使い捨てですが、相手モンスターの効果を受けなくなります。

特に「エレクトロ軍曹」との相性が良く、「クリボール」「サクリファイス」「リボルバー・ドラゴン」「死の4つ星てんとう虫」等から「エレクトロ軍曹」を守れます。(ダメージステップで発動できないため、裏守備の「死の4つ星てんとう虫」等を殴る際は、先打ちが必要です。)

ちなみに相手モンスターも効果範囲に含まれますが、現状はあまり関係ありません。

 

ノーマルやレアにも有用なカードが多いですね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です