クロノス・デ・メディチLV.40 8000点安定周回デッキ 『機械天使』型

Pocket

2017/10/25~2017/11/6に行われているイベント「デュエル・アカデミア教師 クロノスなノーネ!」で登場するクロノス・デ・メディチLv.40を安定して8000点周回できるデッキを紹介します。
今回は「機械天使」型です。




クロノス40

クロノス・デ・メディチLV.40の要注意カード

(→クロノス・デ・メディチLV.40のデッキの全容と各カードのテキストは、クロノス・デ・メディチLv.40の使用デッキ「暗黒の中世」の記事をご覧ください。)

 

「古代の機械巨人」×2

最上級モンスターで、攻撃時に魔法・罠カードの発動を封じる効果と貫通効果を持ちます。

素の攻撃力が3000と高く、補助カード込みの最大攻撃力は4500にもなります。
このカードを筆頭に、攻撃時に魔法・罠カードの発動を封じるモンスターを多用してきます。

 

「古代の機械戦車」×2

装備魔法で、攻撃力を600上昇させる効果と、破壊され墓地へ送られた時に相手に600ダメージを与える効果を持ちます。

ライフ調整時や、スキル「合体魔神招来」で周回する場合には注意が必要です。

 

「古代の機械城」×3

永続魔法で、「アンティーク・ギア」モンスターの攻撃力を300上昇させる効果と、リリース軽減効果を持ちます。

 

「重力解除」×2

通常罠で、場の全ての表側表示モンスターの表示形式を変更させる効果を持ちます。

攻撃も止められるので非常に厄介です。

 

→最大攻撃力4500の「古代の機械巨人」と、「重力解除」、最大1200バーンの対策ができれば、デッキを選びません。

スキル「迷宮作成」+「アシッドレイン」+「ディメンション・ゲート」+「肥大化」
スキル「合体魔神招来」+回復カード+「一角獣のホーン」「アシッドレイン」などのステータス変動カード
「機械天使」
「薄幸の乙女」ロック+「猪突猛進」「一族の掟」「イタクァの暴風」などの「重力解除」対策カード
「マスター・オブ・OZ」などの高打点モンスター
「スピリットバリア」+「アストラルバリア」or「薄幸の乙女」
「スライム増殖炉」+「一族の掟」
「ネコ耳族」+「騎士道精神」
スキル「行けおジャマども!!」+「酸の嵐」「システムダウン」「電磁蚊」

などなど、様々なカードで周回できそうです。

 

 

 

今回紹介するデッキ

クロノス40 ハイスコア安定周回

※エクストラデッキは不要です。

罠カード発動+シャインカード3枚で8000点いきます。

 

 

使用デッキ・プレイング解説

「機械天使」儀式モンスターで戦線維持をするユニアタ従者デッキです。

序盤は「サイバー・エンジェル―弁天―」をリリースし、「サイバー・エンジェル―韋駄天―」を儀式召喚することを目指します。
「サイバー・エンジェル―弁天―」「サイバー・エンジェル―韋駄天―」の効果で「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」「機械天使の儀式」をサーチし、「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」を儀式召喚できれば、ほぼ成功です。

「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」のサルベージ効果などで儀式召喚を繰り返し、「サイバー・エンジェル―韋駄天―」リリース時の効果を計2回発動し、「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」の攻撃力を4700にします。

ラストターン、攻撃力4700の「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」と「ユニオン・アタック」2枚で、「墓守の従者」の攻撃力を10000以上にし、「財宝への隠し通路」「封魔の矢」発動後、とどめを刺します。

 

「古代の機械戦車」2枚で最大1200バーンを受けるので、残りライフには注意しましょう。
不用意にモンスターを場に出すと、「古代の機械巨人」の貫通効果などで失敗します。

デッキ圧縮スピードが速く、「迷宮作成」型程ではありませんが、それなりに安定します。

スキル「デュエルスタンバイ」を採用していますが、「リスタート」「スリカエ」「ドローセンス:光」などでも構いません。
安定性は当然落ちますが、スキルなしでも周回できます。

 

 

各カード解説

「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」

最終的にこのカードで戦線維持します。
攻撃力4700にできれば、最大攻撃力(4500)の「古代の機械巨人」+「重力解除」でない限り、突破されません。
上記の組み合わせも、墓地の「機械天使の儀式」で防げます。

 

「ソニックバード」「センジュゴッド」「サイバー・プチ・エンジェル」

なければ「電磁蚊」「水晶の占い師」「タイムカプセル」「打ち出の小槌」「機械天使の絶対儀式」などで代用することになりますが、安定性は落ちます。
「サイバー・プチ・エンジェル」「センジュゴッド」「ソニックバード」の順に重要度は高いです。

 

「電磁蚊」

クロノスのデッキは機械族統一なので、このカードで一掃できます。
「古代の機械巨人」の貫通効果や、「古代の機械獣」のリバース効果封じには注意が必要です。

 

「封魔の矢」

ラストターンの「重力解除」対策です。
発動タイミングが限られているので、注意が必要です。
発動し損ねた場合、攻撃前ならアプリを再起動することで、バトルフェイズ開始時からやり直せます。
「嵐」「心鎮壺」などでも代用できます。

 

「機械天使の儀式」

「機械天使の絶対儀式」と違い、儀式召喚時のレベルがぴったりである必要がなく、使いやすいです。
墓地での身代わり効果も心強いです。

 

「打ち出の小槌」

事故回避です。
「墓守の従者」などの周回用パーツが手札に複数ある場合に役立ちますが、なくても構いません。

 

「一族の掟」

クロノスのデッキは機械族統一なので、このカード1枚で攻撃を防げます。
また、維持コストにより、効果使用後の「サイバー・プチ・エンジェル」などを処理したり、「サイバー・エンジェル―韋駄天―」のリリース時の効果を発動できます。
必須ではありません。

 

「機械天使」はやはり強力なカテゴリーですね。
それでは!

 







Pocket

あわせて読みたい