【カード考察】カードトレーダーに「B―バスター・ドレイク」などが追加! 

Pocket

2017/11/22にカードトレーダーに追加された「B―バスター・ドレイク」「クローザー・フォレスト」「野性解放」の考察です。





カード考察・評価

カードトレーダー「B-バスター・ドレイク」「野性解放」など

 

カードトレーダーに3枚のカードが追加されました。順に考察していきます。

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

B―バスター・ドレイク

「B―バスター・ドレイク」(UR) (7)

テキスト
(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
●装備されているこのカードを特殊召喚する。
(2):装備モンスターは他の相手の魔法カードの効果を受けない。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。

 

光属性・機械族モンスターに装備できるユニオンモンスターで、ユニオン共通の効果、装備モンスターに魔法耐性を付与する効果、場から墓地へ送られた場合にユニオンモンスターをサーチできる効果を持ちます。

光属性・機械族モンスターに装備できますが、現在のカードプールでは、同名カードやXYZに装備することがほとんどでしょう。

装備モンスターは「エネミー・コントローラー」「猪突猛進」「クロス・ソウル」などの厄介な魔法カードの効果を受けなくなります。
さらに破壊される場合、このカードを身代わりにできるので、強固な耐性を得ます。
「ゲットライド!」とは相性が良く、相手のカードに合わせて魔法・破壊耐性を付与できます。

「ユーフォロイド・ファイター」に装備するのも面白いです。
攻撃力が高くなりやすいモンスターなので、強固な耐性を付与できるこのカードとは高相性です。

場から墓地へ送られるという非常に緩い条件でユニオンモンスターをサーチできます。
戦闘破壊や身代わり効果で墓地へ送られても発動し、”~場合”の任意効果なのでタイミングを逃しません。
自身をサーチすることもでき、非常に強力です。
身代わり効果とよく噛み合っています。

種族・属性に恵まれ、ユニオンモンスターなので「ジェイドナイト」「マシンナーズ・ピースキーパー」でサーチでき、「強化支援メカ・ヘビーアーマー」「トライゴン」の効果で蘇生できます。
構築難易度は高くなりますが除外手段を用意すれば、「スクランブル・ユニオン」も活用できます。

また、機械族なので、「重力砲」「マシン・デベロッパー」「パルス・ボム」「レアメタル化・魔法反射装甲」などの機械族サポートを受けられます。

特に(3)の効果が優秀なモンスターで、ユニオンデッキや機械族デッキで活躍が期待できます。

 

クローザー・フォレスト

「クローザー・フォレスト」(SR) (5.5)

テキスト
自分フィールド上の獣族モンスターの攻撃力は、自分の墓地のモンスターの数×100ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド魔法カードを発動する事はできない。
また、このカードが破壊されたターン、お互いにフィールド魔法カードを発動できない。

 

自分の場の獣族モンスターを、自分の墓地のモンスターの数だけ全体強化する効果と、フィールド魔法の発動を制限する効果を持ちます。

フィールド魔法の発動を制限する効果を持ち、フィールド魔法を使用するデッキに対して、メタとなります。
「炎王の孤島」「トゥーン・キングダム」「伝説の都アトランティス」などは現環境でも見かけますが、相手依存かつ先打ちが必要なので、おまけ程度に考えた方が良いでしょう。

獣族モンスターを全体強化する効果がメインとなります。
「魔導雑貨商人」「犬タウロス」「魔獣の懐柔」「針虫の巣窟」などで高速で墓地肥やしができれば、無視できない上昇値になります。
墓地肥やしカードは「森の番人グリーン・バブーン」「森の聖獣ユニフォリア」「焔虎」などの一部獣族モンスターともシナジーするので、このカードを軸にした獣族デッキを組むことができます。
特に「魔導雑貨商人」は、大量に墓地肥やししつつこのカードをサーチできるため、相性抜群です。

 

 

野性解放

「野性解放」(R) (5)

テキスト
フィールド上の獣族・獣戦士族モンスター1体を選択して発動できる。
選択した獣族・獣戦士族モンスターの攻撃力は、そのモンスターの守備力分アップする。
この効果を受けたモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

 

 

獣族・獣戦士族モンスターを単体強化しますが、対象モンスターはエンドフェイズに自壊します。

通常魔法なので意表を突きにくく、エンドフェイズに自壊するデメリットも大きいです。
攻撃を妨害されると強化が無駄になり、リスクが高いです。

「マスター・オブ・OZ」「スフィンクス・アンドロジュネス」「スフィンクス・テーレイア」「アンドロ・スフィンクス」「森の番人グリーン・バブーン」などの守備力の高いモンスターに使用しないと、割に合いません。
「黒竜の忍者」や「剣闘獣」モンスターなら、自壊デメリットを回避できる可能性があります。

このカードは重ね掛けができるため、覚えておいて損はありません。
また、相手モンスターを対象に取れるため、獣族・獣戦士族モンスターのメタとなります。
「黒竜の忍者」「剣闘獣ラクエル」「剣闘獣ディカリティ」「剣闘獣エセダリ」「剣闘獣ヘラクレイノス」「おジャマ・キング」「炎王獣ヤクシャ」辺りは、環境でもよく見かけます。

デメリットが大きく使いにくいですが、攻撃力を大幅に上げられるカードです。

 

「B―バスター・ドレイク」はかなり優秀なモンスターなので、集めておきたいですね。
それでは!







Pocket

あわせて読みたい