「聖戦士カオス・ソルジャー」「天地開闢」などの7/24カードトレーダー追加カード考察

Pocket

2017/7/24にカードトレーダーに追加された「聖戦士カオス・ソルジャー」「天地開闢」「ヘル・テンペスト」「ディープ・スィーパー」の考察です。


スポンサーリンク


聖戦士カオス・ソルジャーなどの追加

カードトレーダーに4枚のカードが追加されました。順に考察していきます。

 

カードの評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

聖戦士カオス・ソルジャー

「聖戦士カオス・ソルジャー」(UR) (5.5)

<テキスト>
「聖戦士カオス・ソルジャー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
除外されている自分の光属性または闇属性のモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その自分のカードを墓地に戻し、その相手のカードを除外する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
自分の墓地のレベル7以下の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

「カオス・ソルジャー」モンスターなので、「天地開闢」で不確定ですがサーチできます。

レベル8で、今のところ特殊召喚手段に乏しく、おもにアドバンス召喚することになります。リリースが2体も必要なので、スキル「ダイスdeレベリング」や「カイザー・シーホース」「アマリリース」「クロス・ソウル」等の召喚補助を必要とします。

(1)の効果で、召喚・特殊召喚時に相手の場のカードを除去できますが、予め、自分の光属性または闇属性のモンスター1体を除外しておく必要があります。「ダーク・ネクロフィア」「ダーク・フレア・ドラゴン」「紅蓮魔闘士」、儀式と「クリボール」、「牛頭鬼」、「魂を喰らうもの バズー」「闇王プロメティス」、「死霊の巣」、「忍び寄る闇」など、手段は豊富なので、デッキコンセプトに合わせましょう。後に追加された「ADチェンジャー」も高相性です。

(2)の効果で、戦士族モンスターをサルベージできます。「疾風の暗黒騎士ガイア」「魔導ギガサイバー」「紅蓮魔闘士」「アマゾネスの賢者」「ドリームピエロ」辺りが有力でしょうか。

特に「紅蓮魔闘士」は相性が良く、光属性・闇属性モンスターを除外しつつ、このカードのリリース要員を展開できます。

(2)の効果を活かせなくなりますが、デッキの戦士族モンスターをこのカードのみにし、スキル「戦力補充」で必要な時だけサーチする手もあります。

お膳立てが必要であり、重いモンスターですが、場に出せればなかなか強力です。

 

天地開闢

「天地開闢」(R) (5.5)

<テキスト>
「天地開闢」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスター1体以上を含む戦士族モンスター3体を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
それが「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスターだった場合、
そのモンスターを自分の手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。
違った場合、相手に見せたカードを全て墓地へ送る。

「カオス・ソルジャー」モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスターをサーチできますが、その場合、「混沌の場」の方が手早く確実にサーチできます。したがって、墓地肥やしが主な運用方法となります。

墓地肥やしをすることで、「神剣―フェニックス・ブレード」や特殊召喚モンスターなどのコストの確保、「戦士の生還」によるサルベージ、「蛮族の狂宴LV5」「蘇りし魂」による特殊召喚などが行えます。

「フェニックス・ギア・フリード」を墓地に送れるため、デュアルデッキに採用するのも手です。

 

ヘル・テンペスト

「ヘル・テンペスト」(R) (4)

手札・場以外のモンスターを全て除外する大味な速攻魔法です。

初期ライフが4000のデュエルリンクスでは発動条件を満たすことがかなり困難です。

発動条件を満たすには、「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」との組み合わせが最も有力です。他にも「ライジング・エナジー」などのコンバットトリックを使用する方法があります。一応「青眼の白龍」デッキ相手ならば、簡単に条件を満たせます。

発動できても手札・場に影響を与えない点には注意が必要です。

「混沌空間」と組み合わせれば、強力なモンスターを展開できます。「魂吸収」と組み合わせれば、大幅なライフアドバンテージを得ます。

 

ディープ・スィーパー

「ディープ・スィーパー」(R) (6.5)

今回の注目カードです。かなり使いやすい魔法・罠除去効果を持ち、裏表関係なく破壊できます。

「鰤っ子姫」でリクルートできます。

似たような効果を持つ「ロスト・ブルー・ブレイカー」と比較すると、ステータスが高く、単体でも機能します。また、「フィッシャー・チャージ」のコストにできます。

その反面、「伝説の都 アトランティス」発動下でもない限り、「ハンマー・シャーク」で展開できません。

「海」デッキでなくても、ビートダウン系のデッキならば採用を検討できます。速効性があり、流行の「トゥーン・キングダム」対策になります。

 

直接は関係ありませんが、今回の闇マリクのイベントはかなりゴールドを稼げますね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です