2019.4.KCカップを終えて

Pocket

2019年4月のKCカップを終えて、今回の管理人の使用デッキの紹介やKCカップの考察・感想を述べていきます。

今回の成績

KCカップ 成績
KCカップ 成績

KCカップは毎回走っていないのですが、今回はプレミアSRチケット(の「生存境界」)が欲しかったので、時間のある時に走っていました。

「序盤は早く勝てる「陽炎獣」でポイントを稼ごう」と思ったのですが、雑な構築でぼこぼこにされました。笑

その後は「六武衆」をメインに、たまに「アマゾネス」を使っていました。

「六武衆」「アンティーク」両方に有効なメタカードが少なく難しい環境でしたが、勝ち続ける最上位の方は本当にすごいと思いました。
おめでとうございます。

私は200戦以上したのは今回が初めてでしたが、デッキを調整していく内に勝率が上がっていったりして、飽きることなく楽しめました。
もっと対戦したかったな…

今回のKCカップで使用したデッキ

KCカップ 六武衆デッキ
KCカップ 六武衆デッキ

荒行型「六武衆」です。
「六武派二刀流」は相手が意識した立ち回りをすると弱く感じ、抜けていきました。
「影六武衆-キザル」「六武衆の結束」「コズミック・サイクロン」など色々入れたいカードはあったのですが、試しきれませんでした。

「六武衆の荒行」はスキル「絆の力」との組み合わせでリクルートパターンが増え、ミラーの打点強化もできるので、本当に相性が良いですね。
スキル「絆の力」は「雷帝家臣-ミスラ」のトークンで 「雷帝家臣-ミスラ」 を戦闘破壊できるようになるのも大きいです。

「真六武衆―シエン」「真六武衆―エニシ」を並べやすい構築で、展開力があるのでミラーや「アンティーク」での勝率は良かったです。

「ロックバーン」に対する勝率があまり良くなかったのが課題ですかね…
そのため、エクストラデッキは「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」をどかせるカードを入れています。
「X-セイバー ウェイン」も1キルルートが増えるのでなかなか優秀でした。
2枚目の「真六武衆―シエン」や「影六武衆-リハン」、レベル6シンクロも欲しい場面があり、色々入れ替えてました。

KCカップの考察・感想

環境トップが「六武衆」であり、次点で「アンティーク」「アマゾネス」「ロックバーン」という環境でした。
たまに「ヴァンパイア」「コアキメイル」「ユベル」などもいました。
デッキの特徴がそれぞれ大きく異なり、メタを貼りづらい難しい環境だったと思います。
個人的には人によって構築が大きく分かれる、非常に面白い環境でした。

そのような環境で今回、世界1位の方はスキル「セレブ副社長」型の「コアキメイル」だったようで、「サイファー・スカウター」「カラクリ忍者 参参九」「コズミック・サイクロン」ガン積み、「コアキメイル」モンスター各1枚ずつという、常識を覆すような構築でした。
この構築は私には思いつきませんでした…流石ですね。

「ロックバーン」も「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」「翻弄するエルフの剣士」「マッシブウォリアー」「雷帝家臣-ミスラ」ガン積みの構築は非常に恐ろしいですね。

今回は前回に比べ、マッチング仕様がランダムに近かったようで、時間あることがより強い武器になったようです。
とはいえ、勝率が出なければ話にならないので上位陣の方は本当にすごいですね。

皆さんはどうでしたか?

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です