「スリカエ」などの仕様変更されるスキルの考察

Pocket

2017年5月24日に仕様変更が予定されているスキルの考察です。

スポンサーリンク


概要

スキル変更

2017年5月24日に一部スキルの仕様変更が予定されています。対象のスキルは城之内の「戦力補充」、キースの「スリカエ」、イシズの「未来予知」、リシドの「終わらない罠地獄」です。

ゲームバランスの調整が目的で、今後も必要に応じてスキルの仕様変更がされるようです。対人戦でいろんなスキルが使われるようになればいいですね。それでは各スキルを考察していきます。

仕様変更されるスキル考察

城之内「戦力補充」

戦力補充

変更前と違い、ドローするカードではなく好きなカードを戦士族モンスターと入れ替えられるので、大幅強化となります。キースの「スリカエ」のようなスキルになりました。「スリカエ」と同じように、「サンダー・ドラゴン」とのコンボや、「神聖なる球体」などのデッキに眠っていてほしいカードをデッキに戻すことができます。

デッキの戦士族モンスターを1種類にしておけば、そのカードを必ずサーチできます。サーカスデッキの「ドリーム・ピエロ」など、デッキのキーカードを持って来れるのは魅力ですね。

 

キース「スリカエ」
スリカエ

変更前は発動条件がありませんでしたが、変更後は自分のライフが1000減るごと、と発動条件が追加されました。安定性とアドバンテージの得やすさから、「サンドラサクリ」を筆頭にかなりの採用率を誇ったスキルでしたが、初手でいきなり使用できなくなり、かなり弱体化しています。しかし、変更後も発動条件は軽いので、強力なスキルには変わりなさそうです。「創造の代行者 ヴィーナス」デッキなら、「神聖なる球体」を2体特殊召喚すれば1000ライフ消費するので、すぐに発動条件を満たせます。(勿論、初手の安定性は落ちますが…)

 

イシズ「未来予知」

未来予知

変更前はかなり厳しい発動条件でしたが、それが無くなり、デュエル開始後5ターン以内に適用に変更されました。開幕から情報アドバンテージを得られるようになり、なかなか強力なスキルになりました。

今のところ、このゲームでは好きなタイミングで手札をシャッフル出来ないので、「未来予知」で確認済みの相手のドローカードを注意深く見ておけば、いつ伏せたかなどが分かりそうですね。「徴兵令」とのコンボが話題となっていますが、自分のターンで数えて2,3ターン以内に「徴兵令」を引き、尚且つ相手のデッキトップに特殊召喚したいモンスターがいないといけないので、微妙だと思います。中盤以降の「徴兵令」もギャンブルカードになってしまいますね。

 

リシド「終わらない罠地獄」

終わらない罠地獄

変更前は罠カードをランダムで1枚デッキに戻すのでほどんど意味がありませんでしたが、変更後はランダムで1枚手札に加え、残りをデッキに戻す仕様になりました。また、スキルの使用デュエル中に1度となりました。

罠カードを手札に加えられるようになったので、かなり強化されました。しかし、罠カードが墓地に最低3枚必要と発動条件はかなり厳しいままです。デッキに複数枚の罠カードを入れなければならなく、発動条件も厳しい割にリターンがイマイチです。「マジカルシルクハット」は罠カードを一気に墓地へ溜められ、好きな罠カードをこのスキルでサルベージできるので、かなり相性が良いです。今後、強力な罠カードが登場すれば活躍するかもしれませんね。

 

デッキを組むとスキル「スリカエ」ばかりになってしまっていたので、このテコ入れは嬉しいです。海馬のスキルも見直して欲しいです。

スキルの変更方針の説明がかなり面白いですね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です