ランク戦 チケット報酬の10月追加カード考察

Pocket

2017/10/1~2017/11/1のランク戦、チケット報酬に3枚の新カード「神の忠告」「ホーリーライフバリア」「鉄壁の布陣」が追加されたので、考察します。





ランク戦の累計勝利数で、チケット報酬がもらえます。

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

SRチケットと交換可能な新カード考察

 

神の忠告

「神の忠告」(SR) (7.5)

テキスト
(1):自分の魔法&罠ゾーンにセットされているカードがこのカードのみの場合、3000LPを払って発動できる。
●モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

 

重いライフコストと、このカード以外に魔法・罠を伏せていないことが必要ですが、魔法・罠の効果の発動以外の全てに対応する、強力な万能カウンターです。

3000のライフコストを要求するので、中盤以降は腐りやすいですが、相手の初動を止められるので、なかなか優秀です。
特に、短期決戦を得意とするデッキとは高相性です。
「女神の加護」「ドレインシールド」などの回復カードを多用するデッキなら複数回の発動や中盤以降の発動も可能ですが、このカードの発動条件と噛み合わず、やや不安定となりそうです。

このカード以外に魔法・罠を伏せていない場合しか発動できませんが、永続魔法などの表側表示のカードがあっても問題なく発動できます。
また、このカード以外の伏せカードから使っていけば、自然と発動条件を満たせます。
とはいえ、伏せカードは「神の忠告」1枚になりがちなので、マストカウンターの見極めが重要で、上級者向けのカードといえます。

カウンター罠なので、「豊穣のアルテミス」「冥王竜ヴァンダルギオン」などとシナジーします。
「看破アイズ」などのデッキと相性が良さそうです。

ライフが3000減るのを利用し、スキル「ディスティニー・ドロー」「ライフコスト0」などを狙うのもありです。

レジェンドなどの周回では相手のキーカードを止められる他、ライフが1000になるのでデュエル評価「LPギリギリ」「逆転勝利」を狙っていけます。

ランク戦交換チケットおすすめの1枚です。

 

Rチケットと交換可能な新カード考察

ホーリーライフバリアー

「ホーリーライフバリアー」(R) (7)

相手からの全てのダメージを0にする、フリーチェーン(=基本的に発動タイミングを選ばず、いつでも発動できるカード)です。

手札コスト1枚を要求するのが難点ですが、モンスターを戦闘破壊から守れ、1ターンあらゆるダメージを受けません。

戦闘破壊されやすく、場に維持する価値の高い「邪龍アナンタ」「破壊竜ガンドラ」「化合獣カーボン・クラブ」「化合獣ハイドロン・ホーク」や、「ガーディアン・スタチュー」「ワーム・リンクス」などのサイクル・リバースモンスターなどとは高相性です。

デッキ単位では、ほぼ確実に1ターン延命できるため、「ウィジャ盤」などの特殊勝利や、デッキ破壊などと高相性です。

手札コストが重いので、「キラー・スネーク」「黄泉ガエル」「薔薇恋人」などのコストにしても痛くないカードを併用していきたいところです。
特に「キラー・スネーク」は、手札コスト要員として最適なので、おすすめです。
「スクリーチ」で「黄泉ガエル」「キラー・スネーク」をまとめて墓地へ送れます。

 

Nチケットと交換可能な新カード考察

 

鉄壁の布陣

「鉄壁の布陣」(N) (3)

テキスト
自分フィールド上のモンスター1体を選択してこのカードを発動できる。
自分フィールド上にモンスターが2体以上存在し、そのモンスターが全て守備表示の場合、選択したモンスターの守備力は700ポイントアップする。
選択したモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

 

モンスター1体の守備力を上げることができますが、条件が非常に厳しく、上昇値も700と少ないので、使い物になりません。

 

「神の忠告」は汎用性が高く、持っておいて損はないカードです。
イラスト手前にいるのは「禁じられた聖杯」のお姉さんで、悪さばかりしています。
イラストでストーリーや設定を楽しめるのもカードの良いところですね。
それでは!







Pocket

あわせて読みたい